<   2006年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
***** 1月の成績 *****
■スタート 180640   損益+64000   残高 244640 (+35%)

第一週  +9600 (+5%)
第二週  +9500 (+5%)
第三週 +26600(+13%)
第四週 +18300 (+8%)
第五週     ±0 (±0%)


     ∩
( ゚∀゚)彡 コツコツ!コツコツ!
 ⊂彡
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-31 15:37 | 月間成績
☆1/31(火) 攻める日に守っていた
前場
1826 佐田建設 227-228 +1k  後場241

たったこれだけしかも安売り、下で待たずに上に竹やりじゃないと買えない日だった。
9:30の最初の押しで入れなかったので、その後の高値追いも安すぎた。
1889 佐伯建設が予算外になってるのに、気付かず監視していたのが痛い。

後場
3319 GDO 119-119 ±0
8136 サンリオ 2325-2325 ±0
5461 中部鋼鈑 2105-2115 +1k  2130にボタン間に合わず
4355 日本LL 191-192 +1k  185までの壮絶谷またぎ、大引け195
合計+3000 残金244640 (+1%)

どうも入ると売られて、また戻すというタイミングにはまってしまっていた。
ライブドアショック前の水準に戻して、尚且つ強い銘柄を1日かけて追跡するべきだった。

日経先物
買い越し証券はカリヨン、ソシエテジェネラル、ゴールドマン、日興シティ、安藤、CSFB、BNPパリバ。
売り越しはドイツ、トレイダーズ、大和SMBC、モルガンS、ABNアムロ、三菱UFJ、リーマンB、立花。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-31 15:15 | 日々のトレード
☆1/30(月) 連敗
前場
3716 アーティスト 197-194 -3k
7494 コナカ 2210-2205 -500  予想通りS高へ、しかし待てない
2395 新日本科学 2015-2020 +500

寄り上げから下落、水平から火柱、高止まりと非常に難しい。

後場
4797 アイ・シー・エフ 186-186 ±0
合計-3000 残金241640 (-1%)

先物という取引を止めて欲しいような日々、全く勝てる気がしない。
ライブドアショック以前に戻り遅れの銘柄よりも、既に戻した銘柄を監視した方が良さそうだ。

日経先物
主な買い越し証券はトレイダーズ、ソシエテジェネラル、日興シティ、大和SMBC、三菱UFJ、
JPモルガン、CSFB、BNPパリバ。
売り越しはカリヨン、ドイツ、岡三、野村、ABNアムロ、リーマンB、安藤など。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-30 15:15 | 日々のトレード
■ 国策相場
金曜日に日経平均が570円近く急騰し昨年来高値を更新しましたが、寄り底の高値引けで
プラス幅380円だったにもかかわらず、稼げたデイトレーダーのブログが驚くほど少ないです。
では日経先物と、稼げなかったなぁと思う銘柄の日中足を見ながらお読み下さい。
e0011202_1181650.jpg

さて去年は外資の売り買いに左右される動きから脱却し、日経が逆に動く日が多くなりました。
更にナスダウや円ドルにも連動せず独歩高を歩んでいた所にライブドア・ショック。
 (正確にはマネックス・ショックだと思ってます)
最初のうちは正常化に何が有効か判らず、ナスダウや円ドルを利用してのジャンプアップを
試みていましたが、もう少し調整が必要と考える市場関係者が多いので不発でした。
しかし日本幕府をはじめとするアングラ勢力は、調整が長引くのは面白くありません。

そこで個別に株価上昇させるよりも、先物を操作して日経全体の底上げさせる方が
単純明快だと気付き、途中から作戦変更に移ります。
今週に入ってから乱高下する先物の動きに注目してましたが、上昇のタイミングを計っていたと
気が付くのは金曜日でした。
しかし仕手株と同様に、短時間で急騰させる時にジャマな存在はデイトレです。
利確売りの押し目など与えずに瞬間的にジャンプアップさせたいので、寄り天から下落させ
再上昇すると見せかけて再度下落、いわゆる振るい落としを先物を使って行います。
そして仕上げは、デイトレ介入の余地が少ない月末金曜日の後場終了間際での垂直上げ。
まさに仕手株です。
個別の銘柄も、デイトレを退けるような動きをしながらの高値引けが多数でした。

この読みが正しければ、ライブドア・ショック以前の水準に戻すまではデイトレ封じの動きを
取ると思います。
中東情勢が不安定になりそうなので、ここから更に戦争・原油高などで下落する前に一気に
正常化を達成しておきたい所だと思います。
そうしないと9月の大きな行事までに、大量の資金が間に合わないどころか4月以降の増税で
「小泉政権による景気悪化」が顕著になってしまい、ライブドア投資組合との関係まで
世間の目が集まってしまっては、自民党の大きな痛手にまで発展してしまいます。
とにかく来週は、「デイトレ封じ」 の動きだと思った方が良さそうです。
有効な対抗手段? それはきっと長期投資家が有利になるようなシナリオになるはずですので
「アホールド最強」 だと思います。(笑
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-28 18:48 | いろいろ思う事
☆1/27(金) 下手の横好き
前場
8338 関東つくば 2395-2395 ±0  ウルト・アガールの法則 後場2730
2306 BIG東海 2365-2350 -1500
4306 バックス 213-214 +1k  ウルト・アガールの法則 後場239
1991 TTG 232-233 +1k  ウルト・アガールの法則 後場250

寄り付きの指値変更の後、丸三がフリーズ これで上昇する1889佐伯建設を観戦。
先物が寄り天下落の中、持ってれば上がるはずのBIG東海でLC。
谷またぎ2回して215を抜けないバックスを投げた途端に急上昇。
急騰乗り遅れかと思って入ったTTGでは、買い注文は遅延したが売り注文は遅延せずに約定。
前場で2万円相場だったのに・・・500円玉1枚に終わった。

後場
6907 ジオマテック 1883-1898 +1500
8692 だいこう証券 2390-2420 +3k  ウルト・アガールの法則 2490
6859 エスペック 2010-1992 -1800  +2kで利確せず欲張りすぎ
8337 千葉興銀 2425-2430 +500
3777 Tリナックス 237-231 -6k ・・・・・_| ̄|○
合計-2300 残金244640 (-1%)

鴨でした。

第一週  +9600 (+5%)
第二週  +9500 (+5%)
第三週 +26600(+13%)
第四週 +18300 (+8%)

日経先物
主な買い越し証券はソシエテジェネラル、カリヨン、岡三、トレイダーズ、JPモルガン、
ABNアムロ、野村、UBS、BNPパリバ。
売り越しはモルガンS、ドイツ、大和SMBC、日興シティ、三菱UFJ、ゴールドマン、リーマンB、
安藤、みずほなど。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-27 15:15 | 日々のトレード
☆1/26(木) 筋のオモチャ
前場
4765 モーニングスター 230(持ち越し)-236 +6k
8136 サンリオ 2305-2290 -1500  ウルト・アガールの法則 大引け2330
2395 新日本科学 2115-2145 +3k
6736 サン電子 2105-2105 ±0  ウルト・アガールの法則 大引け2130
8692 だいこう証券 2245-2245 ±0  ウルト・アガールの法則 大引け2500
6803 ティアック 201 (売れずの持ち越し)

上手くできたのはモーニングスターのみ、先物の下げには反応するものの上げには反応しない
ような銘柄が多い気がする。
●サン電子 だいこう証券 先物の下げでニラメッコ負けして、ピンポンが投げた次の約定から
 上昇に反転して結果的には、買い方のスイッチを入れた役になった。
●ティアック どうして5万枚の約定しかないのに15万枚の買い板が3つも消えるのだろう?(笑

後場
6803 ティアック (売れずの持ち越し) 201-195 -6k ・・・・・_| ̄|○
4748 構造計画 1921-1949 +2800
9813 トッキ 1103-1114×2 +2200
4771 F&M 234-235 +1k
合計+7500 残金246940 (+3%)

20万円銘柄はチャート読みがしっかりしていないとダメだし手口も巧妙になってくる。
結局、今までの銘柄の方が勝率が高いので大儲けを企むのはまだまだという事かな。
しばらくは日経は、6944 アイレックスの日中足チャートのような動きをするような気がするが
銘柄の動きが予測と違ったら、即LCという方法が使えたらいいなぁ。

●ティアック 空売りを呼んでいるのか、昨日の安値まで落として10万株の見せ板を使い放題。
 買い板が売り板の10倍なのに全く上昇せず下落してしまった。
 後場寄り198で売らずに更にマイナス3000円と傷口を広げてしまい、ピンポンルールを
 守らなかったバチが当たった。

日経先物
主な買い越し証券は藍澤、岡三、ソシエテジェネラル、リーマンB、BNPパリバ。
売り越しはカリヨン、トレイダーズ、モルガンS、ドイツ、ABNアムロ、ゴールドマン、
安藤、JPモルガンなど。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-26 15:15 | 日々のトレード
☆1/25(水) 弱気すぎた
前場
3716 アーティスト 186-187 +1k タイミング遅い
6463 帝国ピストン 1765-1778 +1300

先物に振るわれてすっかり弱気になった後、売ったら負け相場に転換してしまい乗り遅れた。
何となく出来高が少ない感じで、10分勝負するにも値動きが緩やかで被弾すら出来ず。

後場
7847 Gデザイン 171-171 ±0
4765 モーニングスター 230 (売れずの持ち越し 大引け233)
合計+2300 残金239440 (+1%)

思いっきりズレている、ラストの7537 丸文での揉み合いに挑戦したが特売りをかけられて
逃亡してしまったが、逃げなければ3分後には+1万円だった。
資金をフルに使おうとして欲張ってしまい、結果的には安い銘柄の方が稼げていたと思う。

●モーニングスター それでもと思い延長戦に挑戦、見事被弾後に売り注文を出そうとしたら
 想定外の文字が出た。
 「サービス時間外になっております 15:04」 ヾ(・∀・;)オイオイ 買い注文は15:02に出したぞ。
 HETで確認した約定時刻は15:04のはずが、約定照会によると15:06注文・15:08約定
 という表示になっていた。
 丸三証券の大証扱い時間は15:08までだが、ホストPCに返ってきた約定時間での計算に
 なるという説明を受けた、どうやら大阪はヨーロッパよりも遠いようだ。

日経先物
主な買い越し証券はモルガンS、ソシエテジェネラル、BNPパリバ、ゴールドマン、大和SMBC、
JPモルガン、野村、楽天。
売り越しは藍澤、ドイツ、ABNアムロ、日興シティ、立花、リーマンB、メリルリンチなど。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-25 15:15 | 日々のトレード
■ ライブドア爆弾2
4753の個人株主は22万人だそうだが、もし法人株主以外が全員売っても片道22万口という
約定数になるはずで、明日13:30に寄り付いた瞬間でのシステム停止は無さそうだ。
東証もあれだけアナウンスしたのだから、明日寄らせる予定だと思う。
しかし売り買いが交錯すれば、発行株数の倍以上の出来高になることは珍しくないので
これによる東証の混乱を避けるなら、後場は自己売買部門の決済売りの時間となる。

証券会社が圧倒的な資金でS高の226円に張り付かせ、個人所有を買い占めてしまい
後に投資組合へ時間外取引で売却、投資組合が乗っ取り先企業へ売却という事も考えたが
ちょっと妄想っぽい感じだ。(笑
1株の解体価格は180円付近だそうなので、再度S安に張り付くとは思えない。
ともかく、日経低迷に加え後場30分遅れによる出来高減少での手数料激減に対して
東証と証券会社が無策であるとは考えにくいのだが。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-25 01:18 | いろいろ思う事
☆1/24(火) 先物に翻弄される
前場
8136 サンリオ 2125-2110 -1500
9449 GMO 2130-2165 +3500
4835 インデックス 221-222 +1k

またしても寄り付きで失敗、8890 レーサムを指していたが買い気配は予算外に上昇
他を回ってるうちに予算内まで押して、またしても遥かかなたへ上がっていってしまった。
元予算外銘柄ばかり攻めてみたが、個々のクセが出始めてるようで判らないのでGMOで
ギャップを狙ったが、板に集中しすぎて先物の急上昇を見逃し安売りになった。
インデックスは、後場持ち越し防止のために1円抜きのみ。

後場
8910 サンシティ 196-199 +3k
8858 ダイア建設 439-443×500 +2k
合計+8000 残金237140 (+4%)

先物が下落してきたのと、持ち越し防止のため14:50で終了。
どうも流れに乗れてないのか、予算外銘柄に慣れてないのか入るタイミングを外してしまう。
これだけの上昇で1万円すら取れないとは、全面安とともに全面高も苦手らしい。
ライブドア連動の、7602・6784・3746にはどうしても手が出ない。

日経先物
主な買い越し証券は日興シティ、カリヨン、藍澤、ABNアムロ、三菱UFJ、モルガンS、安藤、光世。
売り越しはソシエテジェネラル、岡三、JPモルガン、BNPパリバ、ゴールドマン、大和SMBCなど
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-24 15:15 | 日々のトレード
☆1/23(月) 爆弾破裂は今週か
前場
4743 アイティフォー 1181-1189 +800

個別に動きが変わってきて日経と同調しないものが出てきた。
簡単に言うと、同調するもの・押さえ込まれて低調なものの2種類のような感じ。
前場は約定160万件と少なく、大型の株も売買が減って先が読めなかった。
8624 いちよし証券を2度も逃亡してしまったが、2015-2035 2005-2020の読みは
2回とも当たっていただけに悔やまれる。
後場は先物が15400を割らなければ、前場以上の商いで上昇すると予想。

後場
4281 DAC 208-209 +1k
6343 マクロス 192-193 +1k
合計+2800 残金229140 (+1%)

1988 ショーボンド建設・8878 日綜地所などラストの揉み合いに気付くのが遅れて入れず。
損が怖くてトレードが少なくなったと言うより、確信を持って入れる場面が少なかった。
先物が15400を割って市場全体の商いが細くなってきた事が心配だ。

● ライブドア爆弾
月曜256円-火曜176円-水曜126円-木曜76円-金曜46円
S安連続だったとすれば、水曜・木曜あたりが山場だと思うが東証停止を回避するためには
朝の寄り付き同様に、売り買いの気配が一致した値段での1回のみの取引という方法にして
毎日大引けでの取引だけという形式に出来ないものだろうか。
まぁ、取引成立させずに金曜大引け後に即日上場廃止という手も考えられるが・・・・・
あ! もう1つのシナリオがあった。
今夜緊急逮捕--即日上場廃止--アク抜けで日経急上昇 (案外これが本命かも?)

日経先物
主な買い越し証券はカリヨン、モルガンS、ドイツ、大和SMBC、BNPパリバ、リーマンB、
UBS。
売り越しはABNアムロ、ソシエテジェネラル、トレイダーズ、安藤、野村、ゴールドマン、
JPモルガン、日興シティ、CSFBなど。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-01-23 15:15 | 日々のトレード