2006年 02月 20日 ( 1 )
☆2/20(月) 
前場
6731 ピクセラ(持ち越し) 1637-1594 -4300 (前引け 1505)

ピクセラは金曜日マイナス1万円だったので、被害は半分で済んだ。
その後は何度やっても被弾できず、追証売りを待ち伏せても直前反転または置き去りばかり。
こんな地合いなのに竹やりが正解の日だった、10:30からの定例爆撃を警戒して入れなかったが
逆に10:30から爆上げしていってしまった。
4306 バックス 143 149 152   5975 東プレ 1250 1261
8462 FVC 137 139   7433 伯東 1660 1667   9874 日工検 2100
4347 クラビット 1802 1811 1820   1789 山加電業 221
8426 ニッシンS 136 137   4751 サイバーA 221 223 228 全て指し負け。

後場
7647 音通 152-152 ±0
3777 Tリナックス 184-186 +2k
4823 サイバード 137-137 ±0
2355 C4T 184-186 +2k
8146 小杉 131-129 -2k
手数料-945
合計-3245 残金219355 (-1%)

ラストにリバウンドすると思って参戦した小杉で底割れ、撤退に失敗した。
実際のリバウンドは15:00過ぎだったが、手数料が2000円増えるので参戦は見送った。
今日は、10:30売り崩しの法則は逆に踏み上げてしまったが結局後場まで耐えたら
空売り成功になったはずで、1/30からは15勝1敗という勝率になる。
1敗になった2/14は10:30より上昇しているが前引けは、前場の日経の高値を抜いていない
という特徴がある。
つまり前場が高値引けで10:30以降に踏み上げられたら、不思議と後場まで耐えれば勝てる。
逆に高値引けではない踏み上げだった場合は、前引けでLC撤退すればいい事になる。
日経先物
買い越し証券はカリヨン、安藤、ドイツ、ゴールドマン、大和SMBC、ABNアムロ、リーマンB、
みずほ、日本協栄、CSFB
売り越しはソシエテジェネラルが突出、
藍澤、モルガンS、トレイダーズ、日興シティ、BNPパリバ、野村
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-02-20 15:15 | 日々のトレード