☆ 10泊11日
抗がん剤治療は、飲み薬+点滴(入院)を5週間おきに繰り返す標準化学治療をやってます。

今は1/26からの点滴入院-1週間ほどで退院(自宅治療)の3クール目なのですが、1・2クール目とは違って食欲不振がキツイので、点滴(3日間)が終わっても2週間ほど長めに入院して体力の回復待ちという状況でした。
これまで食欲が回復すれば次回の点滴までは、自宅にて豚足や鯉こくなど好きなものを食べていました。

ところが今回は2/11の午前4時に病院から電話が・・・・・高速を飛ばして1時間弱、そこには意識不明になった父親がいました。
原因は不明ですが、血糖値が1000まで上昇(正常値100)していたそうです。

別病棟の当直医が交替時間だったので余分にいたことも幸いして、3時間後にはYES・NOの反応ができるようになりました。
翌日には会話も可能になりましたが、検査結果が出た13日には胆のうが破裂寸前ということで胃ガンとは無関係なのに即緊急手術。
術後の経過も良好だったのでひと安心と思ったら、急性の糖尿病と軽い肺炎による気管支とノドの痛みで食事が取れない日が4日間、容態急変前と合わせると10日間も栄養点滴の日々。

ということで近くのビジネスホテルに連泊して、自分から食事を取る事と立ち上がってトイレが出来るようになる事を目標に、毎日13時間付き添っていました。
(母親はビジネスホテルが苦手なので、高速バスで通って昼間6時間を担当)
もちろん両方できるようになったので、10泊11日 やっと帰宅できました。
食欲は戻っているのでノドの痛みが取れれば、おかゆから通常食-退院となりますが糖尿病は追加のままで胃ガンの治療になります。
まだ入院中ですが、4クール目の抗がん剤治療に耐えられるようになるまでは間をあける予定だそうです。
[PR]
by pinpon_2005 | 2009-02-23 01:32 | いろいろ思う事


<< ☆ たぶん来週には3クール目か... ☆11/27(木) 終了 >>