● ついに来ました大暴落
3月から中原圭介先生の予測など信じて、毎回「インチキ上げ」に乗らない姿勢でしたが
イザ!というときには塩漬けで身動きが取れません。

恐怖指数(VIX)という指標があります。
シカゴ・オプション取引所が算出・公表している相場の不安定性を示す数値ですが、通常10~20
30を超えたらパニック、40を超えたらメガ・ボトム(大底)といった形で投資家の恐怖心理を表します。
リアルタイム 今日の恐怖指数  69.95
瞬間的には80近くまで上昇してしまい、ボリンジャーバンドの外に出てます。(笑
もはや指標としての役目が終わってますね。
e0011202_1965134.jpg

さて日本時間の今夜米国のコロンブスデーは、先物および債券市場は休場ですが株と為替
は取引されます。
今のところ、アジア・欧州は反発の動きですが14日も上昇になるのかどうか?
9月末から崩れるときの為替下値100.3円、10/9のダウ8800から無理やり突っ込みっぽい
この2点は10日にクリアしてるので、今回の暴落は一旦終了だと思ってます。
ただしこの後は、揉み合いBOXなのかある程度まで反発なのか判りません。

長期的に見れば、好景気ではないのでいずれ下落基調に・・・来年1/20に米大統領が交代
してから本格的な上昇になるのか、再度暴落になるのかハッキリするでしょう。

+10%以上上昇---48銘柄
-10%以上下落---552銘柄
[PR]
by pinpon_2005 | 2008-10-13 19:16 | いろいろ思う事


<< ● 米国は今のところ順調 ☆10/6(月) 余分なものは... >>