☆2/15(金) 最初の直感は当たりすぎ
前場 4849 エンJ 193-196 +3k  大引け S高 225
後場 ノートレード
合計 +3k

ダウが-175ドルの翌日、日経-180円の9:17 寄り付いてわずか4分で1万円上昇してた
4849を発見、しかも買い板は2~3枚で売り板が10倍の20~30枚の状態での上昇中。

チラッと単体決算も見たが、とにかくマイナス1万2000円という寄り付きだったので、
サプライズな数字じゃなかったんだろうなぁ・・・くらいに考えて、前日終値195あたりで
逃げるかと思ったが、一瞬違和感を感じて買値-2での逆指値のみで売り板に並べなかった。

ところが、なにしろ買い板は全部1~4枚 売り板は全部20枚以上だったのと、日経も更に
20円下落 マザーズ指数も下落中だったので指値に変更・約定した。
神様が 「あんまり下手だから買値を下回らずに3万円あげるね♪」 というのを断ってしまった。

その後は考えれば考えるほど大混乱、IRと無関係に新興のまとめ買いで監視リストの8割が
意味不明の上昇。  ドワンゴも206・226で拾えずS高。
どの銘柄も買い板が付いて来れない速度で、マイナス圏からS高板が見える所まで駆け上がる。
上海・香港の-2%も無視 日経-270円も無視 9:50のngiのプラテンを合図に新興は
「全部買い」の様相でS高だらけ、ランキングは全て+11%以上でギブアップ。

日経プラテン後も、巴 ゼンショー ルック を監視するもハズレ。
2/15投信解約説の裏返しなのか、山本議員らが日本版政府系ファンド(SWF)の説明を
諸外国にしているニュースがWBSで流れていたので、先回り買いだったのか・・・
とにかく売る気が全く無い「買い」一辺倒の展開へ国内機関・個人が乗ったような日だった。
[PR]
by pinpon_2005 | 2008-02-15 16:28 | 日々のトレード


<< ☆2/18(月) 当たったのは... ☆2/14(木) ボーナスデイ... >>