☆8/30 カモネギ
前場
9374 トラステックス(持ち越し) 66-59x4000 -28k 最安値58円大引けも59円
3719 BBH 303-299 -0.4k

後場
4798 LCA 225-227 +2k 最後の225ゲットも6分後の大引けS高238

合計 -26.4k

プラス引けのトレードも可能だったのか、3851 日本一SもS高 207になっていた。
8月は資金33万から25万へ、買える銘柄が半減になったので結構痛い。


●トラステックス
予想が当たって始値が+2円の60円スタート。
65円に8万株、66円に7万株の壁を置いているが、何時ごろに取り払うのだろうと思いつつ
67円に売り指値をした。
寄り付きの出来高が少なすぎたので、前場終わりに直線上げかと思っていたら9:10から
板買いが始まり、61・63・64の板は1人で買われてしまい65円にタッチした。
特に63・64は10万株の成り買いだったので、61・62・63の買い板が4万株ずつに激増したので
新しく逆指値62円を設定して、ジリ貧になってしまったら62円で逃げるつもりでいた。
64円の買い板が予想通りジリ貧になってきたので、売り指値を64円に移動したが
一瞬おそく64円の売り板へ置き去りになったので、利確売りが収まるのを待つ事にした。

ここで大きな失敗、逆指値も61円へ変更して薄い売り板63円は再度突破されると考え
売り買い板のバランスから62円で反転、64円で売却成功と思った。
遂に62円への1万株の投げの後やっと売りが止まって、63円の売り板が買われ始めた瞬間
11万株の成り売り!
一瞬60・61の板が消えてしまい62-59だったが、すぐに62-61という売り買い復活。
ところが逆指値が発動して約定59円という散々な結果となった。

・64円の買い板へぶつけて-8kで逃げるチャンスがあったのに欲を出してしまった。
 最悪でも63円(-12k)で逃げるのを考え、利確を夢見てはいけない場面だった。
・逆指値を下へ変更とは、「売れずの持ち越し」になる時と同じパターン。
 含み損を耐えるトレードでは禁じ手だった。
・いつも気にせず逆指値は「**円で成り売り」だったが、61円指値売りで売れたはずだった。
[PR]
by pinpon_2005 | 2007-08-30 16:15 | 日々のトレード


<< ● たった1つの確実な勝利方法 ☆8/29 ノートレード >>