●点と線が結びつかないけど
まずは、この図を見てください。
過去5年のNYダウと日経と米ドルの動きです。
e0011202_5354094.jpg

NYダウと日経は似たような動き、日経と米ドルは良く判らない関係ですね。
ただし細かく見ると「株高ドル安・株安ドル高」という相反関係がちょっと見えます。
これはバブル崩壊後の1997年~2004年の特徴で、理由は知りません。

そしてこの期間以外では、株とドルが連動するような動きです。
去年の12/5の日記で日経とドルの日中足の連動について書きましたが、このときは
長期の連動については気付きませんでした。
そこで最近2年の日経とドルの図を見てください。
e0011202_6474520.gif

約1ヶ月ほどドルが先行したような動きになっています。
この長期の動きを知っていたら、「ライブドアショック」や「マネックスショック」が
突発的な事故には思えず、暴落の単なるきっかけの1つに過ぎなかったと気付いたでしょう。

次に「株と税金」について関連が無いか調べてみました。(単純に動きだけ)
日経が下げ止まる2003年から税率は10%に下げられました。
申告不要特定口座に関しては、2003年度(2003年4月)から10%になりました。
ほぼ日経最安値を記録した時期と合致しています。

もう1つの株式特別減税に「購入価額1000万までの非課税の特例」がありました。
持ち株を2003年~2004年までの2年間、売らずにガマンしてくれたら譲渡益が非課税なのです。
ただし条件があって2005年1月から2007年12月までに売却した場合に限ります。
株とドルの相反関係が終了し同調するようになったのは2005年1月です。
もちろん2年間ガマンしたのに目減りしていたら洒落にならないのですが、不思議と上昇してました。(笑
この特例を利用して得た非課税利益を、株式市場から流失させてしまっては水の泡。
外資やらネット証券法やらマスコミを利用して、株価を上昇させていけば更に他の株を
買ってくれそうですね。

さて最後に、直近の日経とドルの動きです。
e0011202_736581.gif

安倍総理になってから初めて、株式税率軽減を予定通り2008年から20%に戻すという
政府税調の発言があり論議を呼んでいます。
(実質的な決定権を持つ自民税調は延長を主張しています)

また相反関係が始まってしまったのでしょうか?
同調しているなら、ドルは4~5円ほど高くなってないとおかしいです。
日経が13週移動線を突破してくれたのは嬉しいですが、1週間というのはあまりにも早い
復活のような気がします。
外資の送迎役だった広中大臣もいませんが、大量IPOや郵政民営化の準備段階に備えての
強引上昇相場なのか判断に迷う所です。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-12-07 08:01 | いろいろ思う事


<< 12/7(木) 12/6(水) >>