パチンコに学ぶトレード考
7~8年ぶりにパチンコをやってきました。
もうゲームセンターみたいな雰囲気になってるんですねぇ、驚きました。

さて何とか昔ながらの「羽根もの」を探し当てて打ちましたが、ビギナーズラックなのか2000円で
大当たりになって1箱ゲット、その後は空になるまで一進一退で1時間ほど遊んでました。
最初の10分で飽きてしまったので、回りをチョコチョコと観察してみました。

隣の台は大当たりが出ないので良く人が入れ替わります。
はじめの2~3人は常連客なのか、小当たりしか出ないと判ると他の台へ移っていきました。
その次に座った人は、1~2回ほど小当たりを出して半箱ぐらい貯めましたがジリ貧になって
全部飲み込まれてしまいました。
それからも席を立たずに、500円また500円と投入し続けて3~4000円くらいまで入れても
大当たりが来ないので諦めて帰ってしまいました。

それから箱をいくつも積み上げているスロットパチもやってみました。
「エヴァ」がパチンコになっていたので、うれしくて打ってみましたが思ったより面白くなかったです。
羽根ものが2000円で1時間半遊べたのに、これは10分で8000円が消えました。
典型的な「ハイリスク・ハイリターン」でした。


---------------------------------------

いくつか感じたことは・・・

・上手い人は出ない台では打たない!
出ないと判ったら逃げる、同値撤退などありません。(笑
予想と違う台だったら速攻で離れて、追加の500円硬貨をつぎ込む事は絶対に無いです。
確かに見渡せば数百台もあるんですから、当然と言えば当然です。

・大きな負けを1度で取り戻そうとすれば、ハイリスクに挑戦して玉砕する!
これは私のクセでもあります。
毎日パチンコをしてた時代には、よくやってしまった失敗パターンでした。

・熱くなったら負けてしまう!
あまり稼げないと判った台からは、少ない玉でも両替して勝ちを確定すべきです。
そして何度リーチがかかっても大当たりしない台には、対抗意識を持つのは禁物です。
あれはまだスリー7が無い頃、毎日300円だけパチンコをしてました。
目標はお菓子やタバコや日用品でしたが、欲張る事を知らなかったので連勝でした。
それがスリー7で打ち止め確実という機種が登場してから、欲豚となって大金をつぎ込んでしまいました。

・人生観は必要なし、どんな手でも勝てば良い!
カッコ良く箱を積んで稼いでいる人を見ると、どうしても真似したくなりますが他人は他人。
自分は自分のできる方法・台で勝てばいいのです。
負けそうだったら逃げるが勝ち、これで人格まで考える必要はありません。


トレードの方ですが、11/7に、3779 Jエスコムを勝負買いしてしまいシコってます。
スイングを狙ったのですが、8日にGUしなかった時点でLCが正解でした。
8日でも9日でも負けを取り戻せる銘柄を発見していましたがノートレード。
特に今日は、2ch実況にずっと書き込んでましたが9割は書き込んだ後に上昇してました。
「負けを認める」 これが出来ないばっかりに、勝てる機会を逃してました。
[PR]
by pinpon_2005 | 2006-11-09 21:25 | 日々のトレード


<< さてさて 恥ずかしいトレード披露 11/6(月) >>