■ 奴らの手口は9割の多数意見の逆
年齢的に、証券会社を株屋・消費者金融をサラ金と呼んでた世代なので、トレード開始から
株屋は信用してませんが、ようやく今頃になって、「東証」までもアングラの部類だったと判りました。
手の平で遊ばれていた孫悟空だったという事です。
アメリカの株価はMM銘柄と同じく値幅制限がありませんが、株価自体がほとんど1~100ドル
時価総額の大きい企業は株数が多いだけと判りやすく、値上がりで分割・値下がりで併合です。
日本なら1円未満から1億円と株価自体が青天井で、株式分割・併合も需給とは関係無し。
説明不可能な動きが多い日本株に、米株と違ってテクニカルを使用しないトレーダーもいます。

それで今までの疑問が次々と解決しました。
元パチプロの若い子たちが簡単に1億円を稼いでしまう、開示情報の1時間前には株価が動く、
下方修正が出てS高、板に1人だけ入れた注文だったのに後から来た注文が先に約定、
ほとんどの銘柄に色んな本尊がいてよそ者が来ると大人の殴り合い、空売り少なくても逆日歩
などなど総合的に考えれば、「東証」というカジノでの出来事と思えば納得できます。
「バブル崩壊後」に明らかになった損失補てんと同様に、株屋と東証という胴元は儲かるシステム。
つまり「博打」が上手な人は成功しやすい仕組みだったと思います。
(もちろん博打以外の方法でも勝つ人はいますが)

さて、カラクリが判ると「9割の多数意見の逆」が重要だと気付きました。
・不祥事を起こした株屋銘柄は売られるはず
400億以上の損失を補填するなら、会社がこれを利用しない手は無いと思ってました。
金融不安を払拭する目的もあるでしょうが、市場に裁判所や公取のような事を求めても無駄ですね。
そもそも初値67万円のときに、「公募価格同額の61万円で1株売りを証券会社に注文」する人
想像できません(笑) 、どこでも初値~100万円からS高予想だったのを操作しようとしたのが
バレバレでしょう、そんな会社(グループ)がやりそうな事です。

>●姉歯関連
 2414 塩見HD(+17% S高) 1716 第一カッター(-5%)
 4782 オリコンサル(-12%) 1988 シボンド建設(+3%)
 7438 コンドーテック(±0%) 5277 スパンクリート(±0%)
 7897 ホクシン(+2%) 9648 ウエスコ(+2%)

12/13(火) ピンポン注目銘柄
●9822 なが多(+1%) ペトロの株日記だとS高期待だそうだが
●ミサワ軍団(S高) よく考えれば業績好調な会社
●5461 中部鋼鈑(名古屋+5%) 鉄人気で再度動いてきた
●3746 MEX(+3%) ライブドアへの第三者割当増資の払込完了
●7641 フォー・ユー(+1%) リサイクルショップ展開の2社をグループ傘下に
●8136 サンリオ(+8%) 予算外銘柄となるか、過去の予算外銘柄は株価2倍になってる
[PR]
by pinpon_2005 | 2005-12-12 22:32 | いろいろ思う事


<< ☆12/13(火) ☆12/12(月) >>