*** デイトレはゲームなのか? ***
最近、リンク集の中で3人の1億円達成トレーダーが誕生しました。
サラリーマンも自営業者でも、生涯収入は2~3億円と言われていますが
20代で1億円 羨ましいですね、宝くじ当選以上に喜びを感じていると思いました。
ところが、達成者たちはトレードを継続しています。
しかもお金を下ろすことなく、そのまま続行し資産を減らしている人さえもいます。
ピンポンはこれが不思議で仕方ありません。
もしかしたら考え方がまるで違うのでは? と思いました。

20代の1億円達成者、または常勝デイトレーダーの特徴として
・社会に出て雇われた経験が短いか、全く無い
・ファンダ、テクニカルなどよりも筋が介入している銘柄を好む
・会社の事業内容を知らなくても大丈夫
・元パチプロが多い
・売り、買い、休む、の休むが無く毎日トレードする
・金額目標はあっても、その使い道は明確にされていない
・一部のトレーダーには、燃え尽き症候群のような様子が出始めている
以上のような事を、達人のトレード研究をしている最中に感じました。

現在、1番割りがいい職業とは何でしょう?
ピンポンは公務員だと思います、東大を出て霞ヶ関の官僚を目指す親子は今も昔も同じ。
ある役職まで行けば70歳までの仕事には、困らないようなシステムになってます。
もし才能があるならデイトレーダーも、通常の仕事以上に儲かります。
ピンポンはレストランをやった事がありますが、月商300万円で社員2人バイト15人いました。
それ位ならたった1日で稼ぐトレーダーは、ゴロゴロいますね。
そのうち小学生のあこがれの職業に、デイトレーダーも登場するのでしょうか。(笑

では国民全員が公務員になってしまったら・・・
中国や旧ソ連と違って、日本の公務員は経済活動をする立場の仕事は少ないので
給与の元となる税収がほとんど0になってしまいます。
では国民全員がデイトレーダーになってしまったら・・・
トレードする株の会社員がいなくなってしまったら、市場そのものが無くなります。
勿論これらは極論ですので、実現する可能性はありません。

ピンポンはこの世界に足を踏み入れてから、デイトレ成功物語を待ち望んでいました。
しかし勝ち組と呼ばれるデイトレーダーほど、想像とは違い何となく違和感を感じていました。

--- もしかしたら、お金を稼ぐのでなく買い付け余力を増やすゲーム? ---

そう考えると、いろんな意味でのつじつまが合って来ます。

ピンポンが仮に1億円を達成したら、全額引きおろして記念写真を撮るでしょう。(笑
時給1000円の工場労働で1日1万円稼ぐ辛さを知ってるからです。
プロの二階堂先生のブログで感動した日がありました。
>9043阪神電気鉄道で大きな利益が出たので、妻にバッグをプレゼント。
やはりこの人もゲームではなく、お金の意味を知ってて参加してるんだと思いました。

ゲームが嫌い・苦手なら中長期の投資に、デイトレで勝つならゲーム感覚で。。。
買い付け余力を増やすゲームを理解するには、お金としての認識が邪魔なものだと思いました。
でも無限に買い付け余力を増やす気はありません。
欲望にはキリが無くても、寿命には限りがあるからです。
[PR]
by pinpon_2005 | 2005-10-09 23:02 | いろいろ思う事


<< ■ OSの再インストール成功 ■ 苦しかった時、毎日歌を聞いていた >>