☆ 9回目の点滴ならず
8/17のCT検査の結果、肝臓への転移が増大し続けているということで、2つ目の抗がん剤イリノテカンは効き目が無くなった(耐性ができた)という判断で、3つ目の抗がん剤タキソールに変更する事が決まりました。


ガンの治療は歯医者の治療に似ています。
最初に「保険にしますか? 保険外でもいいですか?」と聞かれるアレです。


大学病院・がんセンター・国立病院など国内の大病院は、標準治療(保険内)をする病院です。
どこで治療してもガイドラインで定めたほとんど同じ手術・抗がん剤という治療になります。
民間療法や最新のワクチン免疫療法などは、学会が定めたガイドラインから外れる保険外治療なので扱いません。
(丸山ワクチンは主治医が確認するが本人の責任でフォロー無しという立場)


民間療法や最新のワクチン免疫療法など受けたい人は、やってくれる病院(私立・個人)を自分で探さないといけません。
標準治療(保険内)をする病院は、保険外も扱う病院は紹介してくれません。
キッチリと二分されています。 (例外で東大付属病院がある)
保険外=効き目が確認されてない=全額自己負担=自己責任 なので高額にもかかわらず効かない人も当然多くいます。


ただし、標準治療(保険内)抗がん剤であっても他の病気の治療薬のように「AにはBで治せる」というレベルではないので、高額で効き目が確認されてない民間療法やインチキサプリに走る人が後を絶ちません。
確かにどちらも効き目が小さく、効く人と効かない人がいて、更に完治できるレベルでないので気持ちはよく判ります。
保険内と保険外の両方を扱う病院があれば、本人にとって効果のある治療だけ選べるオーダーメイド治療になるのですが、現状では 大病院=標準治療(保険内)=既製服 しか扱わないので、使える抗がん剤が無くなったら追い出されてしまいます。 (自分で他の病院を探す)


さて胃ガンの抗がん剤、シスプラチン+TS1・イリノテカン・タキソールを使い果たしてしまったら・・・・・
我が家も保険外治療の病院を探すことになるのです、本人はピンピンしていても。
これがいま問題となっている「ガン難民」なのです。
同様にホスピスのような施設の不足(余命2週間なのに3ヶ月待ちなど)、治療を続けられるホスピス不在(ホスピスでは痛みの緩和が目的なのでガン治療行為は禁止)など合わせると75万人のガン難民がいるそうです。
[PR]
by pinpon_2005 | 2009-09-01 01:23 | いろいろ思う事


<< ☆ タキソール1クール目 ☆ 8回目の点滴 >>