「ほっ」と。キャンペーン
☆ 今日は糖尿内科の日
新しい抗がん剤の投与が5/11でしたが目立った副作用は無し。
それよりも肝臓転移と肝臓ガンを混同してしまってるので、体力はあるのに外出を控えてしまう有様。

さて今日は「胃腸内科(ガン)ではなく「糖尿内科」の外来へ、こっちは約2ヶ月ぶりでしたが血糖値が
安定して、うまくコントロールできているとの事でインスリンの量が 朝8-昼4-夜4単位だったのが
朝6-昼2-夜4単位に減らしてよいという、久々にうれしい報告が。

インスリン注射器は使用前に針の中の空気を出すため「空打ち」しますが、その時の目盛りが2単位。
つまり1日で6単位分のインスリンは、毎日毎日ただ捨てているのです。
そして食欲が無くて半分くらいしか食べられないときには、インスリンの量も半分にします。
もし昼食が半分なら2単位空打ちした後に、1単位だけ注射するのです。

これには父も大笑い。
どうやらインスリンからの解放は、不可能ではなさそうな感じになってきました。



それと高校のブラスバンドの後輩「池井肇くん」が、この病院で内科医長になったのを知りました。
10年前くらいには心臓外科部長として地元TVにも出てましたが、今はペースメーカーなど担当してる
みたいです。
e0011202_2335760.jpg

トランペットの下にいる人です(佐久総合病院GDK吹奏楽団)、クラリネット奏者は北村英治さん。


話題は変わりますが、大学の友人関係でリストラが話題になりました。
IBM・サンマイクロ・TIなど有名外資企業に勤めていた人たちが次々とリストラされ、生まれて初めての
転職活動に追われているそうです。
最近知ったのですが、大量解雇はマスコミで叩かれたので中止して毎日数人ずつ別室に呼び出して
退職勧告をするようになったんだそうで、先輩や後輩もいつの間にか無職になっていて驚きました。

毎週シリコンバレーに出張していた人でも、連続20件の面接落ち。
現実は株価以上に悪化してますね。
[PR]
by pinpon_2005 | 2009-05-20 22:30 | いろいろ思う事


<< ☆ 薬が抜けて、毛も抜けて ☆ 充実のGW終了 >>